アダラートとは、血圧を下げるカルシウム拮抗薬となります。
カルシウム拮抗薬は、年齢にかかわらず使用できる薬であり、合併症の多い年配の方にも、使用できる薬となっています。
高血圧の治療には、用いられることが多い薬です。

 アダラートには、心臓や血管が収縮する原因となる、カルシウムイオンを抑制する作用があります。
これにより、脳血管を拡張させ、血圧を下げる効果がある薬です。
つまり、カルシウムが細胞内に入ることを抑制するものです。
細胞内にカルシウムが入ると、筋肉や血管が収縮し、血圧が上がるというわけです。
ただし、アダラートには、薬を服用した後に、急激に血液中の薬物濃度が上昇するために、血管をゆるめて拡張させる作用により、顔面紅潮や頭痛といった副作用があらわれやすくなるという特徴があります。

 アダラートは、徐々に有効成分が溶け出すように工夫された錠剤ですので、割ったり、かみ砕いたりはNGとなります。
かみ砕いて飲んだ場合には、血中濃度が高くなり、さらに、乾麺紅潮や頭痛などの副作用が出る確率が上がります。
飲み忘れた場合には、その時点で1回分を飲んで下さい。
ただし、次の服用時間が近い場合には、飲み忘れた分は飲まないようにしましょう。
絶対に、飲み忘れた分と合わせて、2回分を1度に飲むことだけは厳禁となります。

 アダラート服用時の注意点としては、グレープフルーツジュースとの飲み合わせはNGとなるということです。
アダラートが体内で分解されにくくなり、血中濃度が上がってしまうことにより、薬が効きすぎる可能性があるために、非常に危険だからです。
また、血圧が下がることにより、めまいやふらつきなどが起こることがありますので、高所での作業や車の運転には、十分に注意するようにしましょう。

■高血圧症第一選択薬のことならこちらのサイトをご参照ください
ノルバスクの成分アムロジピンについて
■アダラート同様、グレープフルーツとの飲み合わせに注意
アテノロール